K・Sさんの仕事

先輩方の「良き伝統」を
受け継ぎたい

スタッフ(業務スタッフ):
K・S

2015年度入社 社会情報学部卒

就職活動中は最初から事務職に絞り、まずはインターンシップの合同説明会に参加することから就職活動を始めました。事務職を志望した理由は、小学生から続けていたバスケットボールで、一度怪我を負い、プレイヤーからメンバーのサポート役になったことがあったんです。その時に、自分以外の誰かのために動き、陰ながら支えることに「やりがい」や「喜び」を感じたことがきっかけでした。
就職活動では、約50社にエントリーをして、大塚商会のほか、金融系企業の事務職でも内定を頂くことができました。その中で大塚商会への入社を決めたのは、選考を受けていく中で「自分もこうなりたい」と思える社員の方々との出会いがあったからです。実は、面接の場で面接官の質問に対して思ったとおりの回答ができず、「もう一度最初からやらせてください」とお願いしたことがありました。その時に快く了承してくださり、さらに面接の最後には「あなたはありのままの自然な笑顔が一番」という言葉をかけてくださったんです。「こんな方の下で働きたい」と思った瞬間でした。また内定後の交流会で出会ったスタッフ職の先輩方もとても明るく、いきいきとされていて、ますます「ここで働きたい」という気持ちが強くなりました。

K・Sさんの仕事

また、配属後に私のトレーナーとしてついてくださった先輩も、私にとって憧れの存在です。私が忙しくて余裕がない時に、席を外したタイミングで付箋に応援メッセージを書いてPCの上に置いてくださったことがありました。私のことをしっかりと見てくださっていることに感動し、感謝の気持ちでいっぱいになった瞬間でした。
そういった先輩方との出会いが、今の私の糧になっています。これからは私が、大塚商会を志望している学生や今後入社する後輩たちへ、大塚商会のスタッフ職の「良き伝統」を繋いでいく番だと思っています。憧れの先輩たちに少しでも近づけるように、日々の自分の仕事はもちろん、後輩の育成も頑張っていきます。

K・Sさんの仕事

OFF TIME

BBQをしたり、ハイキングに出かけたり、四季の自然を感じながら休日を過ごすことが多いですね。自然の中を散策していると、日常の疲れをリフレッシュできるんです。
また、季節に合わせたフラワーアレンジメントをつくることも楽しみの1つになっています。クリスマスにリースを作ったり、新人の時に私のトレーナーだった先輩の結婚式では、髪飾りを作らせていただいたこともあります。喜んでくれた先輩を見て、これまでの感謝を伝えられた気がして、私もとても嬉しくなりました。

K・Sさんのオフタイム
スマートフォン版
PC版