A・Kさんの仕事1

早く成長して、チームに恩返しがしたい

エリア営業:
A・K

2017年度入社 法学部卒

大塚商会との最初の接点は夏に参加した営業体感インターンシップでした。内容が面白かったのはもちろん、個別に丁寧なフィードバックをもらえて、自分を客観的に見てもらえる貴重な機会でしたね。私は最初から営業職を希望していたのですが、インターンシップのあとに社員の方とお話ししたときも、営業の醍醐味や厳しさについて丁寧に説明してくれて、少しずつ大塚商会に対する志望度が上がっていきました。
入社して感じたことは、任せてもらえる範囲が大きいこと。新人でも1人でテリトリーを持って活動していくのですが、最初はどんな風に回れば良いのか、何もわからない状態からのスタートでした。そんな中、支えになったのがトレーナーの存在です。配属後の約半年間、先輩社員が新人の営業活動をサポートしてくれるんですが、今でもトレーナーには本当に感謝しています。まずは新規開拓をメインに、テリトリー内で顔を覚えていただくことに注力しました。最初は全然成果が出ず、同期と比べて焦ることもありましたが、先輩たちの教え通りにやっていたら徐々に成果が出始め、新人賞をとることができました。

A・Kさんの仕事2

仕事をするうえで大切にしていることは、常に原因を考えること。案件がうまくいったときも、そうでないときも、必ずお客様にその原因を聞くようにしています。単純に、なぜその結果になったのか気になりますし、原因が分からないと次に活かせないので。お客様の声に丁寧に耳を傾け、要望に応えつづけた結果、「あなたが言うなら」と買っていただけるお客様も増えてきました。
今後の目標は、新人時代のトレーナーみたいになることです。自分が上司や先輩にお世話になってきた恩返しとして、早く後輩たちを引っ張っていける存在になりたいですね。

A・Kさんの仕事3

OFF TIME

学生時代からサッカーを続けていて、今は大学のサークルのOBチームや同期とよくプレーしています。同期のフットサルは、同じ営業部の仲間とやることが多く、良いコミュニケーションの場になっています。同じ立場だからこそ共感できることが多く、サッカーも会話も大いに楽しんでいます。

A・Kさんのオフタイム
スマートフォン版
PC版