キャリアステップストーリー

S・K
SE(CADエンジニア)
2014年度入社
S・K

あの頃の私

1年目
専門性の高い分野に挑戦したいと考え、CADソフトウェアの使い方を一般のお客様向けに講習する仕事を希望し、念願叶って今の部署に配属されました。最初は講師のアシスタントからスタート。一人前の講師としてデビューするために、まずはCAD分野についての勉強が必要でしたが、教えるプロである先輩たちがついていましたので、知識習得に不安はありませんでした。
始めのうちはお客様がどんなところでつまずくのか全く予想がつかず、準備不足で的確な回答ができないときもありましたが、先輩にヒントをもらいながら経験を重ね、少しずつお客様からの質問や要望に自分で対応できるようになりました。配属から3カ月後、初めて講師としてスクールを任された時は、達成感を覚えると共に身の引き締まる思いでした。
2年目~
2年目からは、経験を重ねることで少しずつお客様の知識レベルに合わせた臨機応変な対応ができるようなりました。お客様がつまずくポイントを意識し、より効果的な教え方を自分なりに考え、実践し、お客様に「できるようになった」という感覚を味わってもらえるように努力しました。その結果、CADの知識も身につき、スクールでのお客様とのコミュニケーションもスムーズに図れるようになると、より専門性の高いコースを任せてもらえるようになりました。それまでは、知識習得やミスなくスクールをやりきることに一生懸命でしたので、この頃からやっと「教える」という仕事のよろこびややりがいを感じられる余裕が出てきました。
この頃から、講師の仕事に加えて、Web上のスクールの案内やチラシづくり、コース紹介ページのアクセス集計や分析なども任せてもらえるようになり、スクール運営にも携わるようになりました。

今の私

スクールの講師をメインで行い、それ以外の時間はアクセス集計やWebページづくりなど、スクール運営に関わる仕事を行っています。また多くのお客様に来ていただけるようにページのアクセス数をもとにお客様のニーズを把握したり、記事の見せ方を工夫したりしています。講師としては、建設分野のコースを担当しているため、関連するWebサイトを定期的にチェックすることで、トレンドや法律に関して最新の情報を収集するよう常に心掛けています。今後は、CADだけではなくネットワークやセキュリティなどの知識も習得し、資格取得にも積極的に取り組み、幅広い知識を持ったエンジニアを目指していきたいと思います。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版