キャリアステップストーリー

T・H
SE(CADエンジニア)
2009年度入社 主任
T・H

あの頃の私

入社~2年目
工学部に在籍していたため、学生の頃からCADソフトウェアを使用しており、CADという分野には馴染みがありました。しかし、当時自分が使っていたのは、CADソフトウェアが持つ多様な機能のうちのほんの一部だったので、入社して改めてその有効性や業界の奥深さを知ることになりました。
入社後は主に製造業のお客様を担当し、セットアップや操作説明、大塚商会が開講するスクールでの研修などを担当しました。入社して1年ほどで独り立ちし、初めて3次元CADソフトウェアの導入をお手伝いさせていただいた時は、事前にしっかりと勉強して知識をつけ、お客様先では常に笑顔で対応することを心がけました。お客様は自分とは比べものにならないほど知識も経験も豊富でしたが、とても親身に接してくださり、業界に関することをたくさん教えてくださいました。その時のお客様とは今もお付き合いさせていただいており、追加システムの導入やバージョンアップなど、定期的にサポートを行っています。
3年目~
お客様に3次元CADソフトウェアを最適に活用してもらうために、導入後のサポートに力を入れるようになりました。3次元CADソフトウェアを導入していただいたあと、お客様側で最適な運用方法にたどり着くまで、模索が続き、時間がかかってしまうケースがあります。そのため、より早く最適な運用を開始してもらえるように、導入後も定期的にお客様先を訪問し、小さなことでもご相談いただけるような関係性の構築を心がけています。自分が導入に携わったCADソフトウェアによって設計された商品が発売され、店頭にならんでいる様子をみると、モノづくりに関われていることに対する喜びを感じます。

今の私

現在は3次元CADソフトウェア導入のための提案をメインに行っています。営業と一緒にお客様先を訪問することが多く、最新のCADソフトウェアに関する知識は常に収集しています。年次を重ねるごとに、担当させていただけるお客様の数がどんどん増え、お客様のパートナーとして一緒に歩むことができるCADエンジニアという仕事に日々やりがいを感じています。今後も、お客様の設計業務に関する一連の流れを長期的にサポートし、日本のモノづくりに深く関わっていきたいです。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版