キャリアステップストーリー

Y・Y
SE(テクニカルエンジニア)
2014年度入社
Y・Y

あの頃の私

就職活動中
就職活動中は「コンサルティング」をキーワードに企業選びを行いました。入社の決め手となったのは、説明会や面接で社員の方と話をする中で「お客様の経営課題を技術的な側面から解決していく」という大塚商会のSEの仕事が、コンサルタント志望の自分にマッチすると感じたことです。また、日々変化するIT市場に身を置くことで、常に最前線の技術を勉強したいという思いもありました。
大学では商学部に属しており、元からITに精通していたわけではありませんが、入社後のSE専門研修で基礎知識から実機を交えての実践的な知識までしっかりと学ぶことができました。研修中のOJTで、それぞれのエンジニアが扱っているソリューションを知り、日々新しくなるソリューションと幅広い分野に携わることができるテクニカルエンジニアの仕事に魅力を感じ、テクニカルエンジニアを志望しました。
1年目
配属後はトレーナーの先輩に同行し、実際のお客様対応を見させてもらいながら、データ管理やセキュリティ等のシステム提案や構築を行うテクニカルエンジニアとして必要な知識を学びました。お客様にとってはベテランも新人も同じ「プロ」ですので、当たり前のことですが、新人だから分かりませんでは通用しません。1年目、私が特に心がけていたことは、分からないことはとにかくその場でメモをとり、オフィスに持ち帰って勉強して、自分の知識を増やしていくことです。先輩からの助言など、自分にとって必要な情報が詰まったメモは、マニュアル以上に1年目の自分を助けてくれました。
2年目~
2年目は、自分の得意な分野を見つけるために、社内で実施されているさまざまな勉強会に参加しました。クラウドやセキュリティなど、自分が積極的に勉強している分野を日頃から先輩たちにアピールしていると、先輩たちがそれに関連する仕事を任せてくれるようになりました。このように、積極的に若手に仕事を任せてくれる風土が、大塚商会の魅力の一つだと思います。
また2年目からは構築作業に加え、「提案力」も習得していきます。お客様の課題をITの力でいかに解決するか、お客様目線でニーズをヒアリングする上では知識だけでなく高いコミュニケーション能力が求められます。ただ、ヒアリングで得たお客様のニーズに沿った解決策を描くためには、もちろん作業経験・技術知識が必要不可欠。そのため、仕事を任せてもらえる環境を整え、とにかく多くの経験を積むことを意識していました。

今の私

現在はトレーナーとして後輩の教育・指導を行っています。後輩から受ける質問が自分の知識を再確認する機会になることもありますし、時にはお客様から受ける質問と重なることもあり、トレーナーとしての活動がお客様対応に活きる場面も多くあります。
今後の目標は「現場のお客様の声はY・Yが1番知っている」と言われるように、積極的に自ら手を挙げ、さまざまな業種・業態の案件に参加していくことです。IT業界はめまぐるしく技術が進歩していきますので、常に最新のソリューションやITトレンドに敏感でいられるようアンテナを高く張ることを心掛けています。そして、得た情報を、お客様の業務改善や目標達成のためにどう活かすことができるのかを考えていきたいです。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版