キャリアステップストーリー

K・K
エリア営業
2015年度入社
K・K

あの頃の私

1年目
入社後、まずは「たのめーる」の口座獲得から活動をスタートさせました。新規開拓では飛び込み営業もしていましたが、私の担当地域は、突然の訪問だとなかなか受け入れてもらえないケースが多く、電話やメールを有効活用して、事前にアポイントをとり、お客様と対面でお話しする前にしっかりと準備することを心がけていました。当時は正解を探そうと必死になっていて、逆になかなか成果を出すことができませんでした。先輩方に同行して背中を見せていただく中で、営業の仕事には正解がない、自分で価値を生み出すのが営業なのだと、知ることができました。
2年目
2年目になると、結果を出したいという気持ちがより強くなりました。支店に後輩もできて、少しずつ責任を意識するようになってきたんです。その中で大切にしていたことは、短期・中期・長期それぞれの目標を持ち続けること。期間ごとに目標設定をして、細かく進捗を把握し、それに対する対策を考え、行動してみる、というPDCAを回すようにしていました。また、知識の幅も広がってきて、色々な商品を組み合わせた複合提案ができるようになってきたのもこの頃です。
3年目
3年目は昇格を目指して「絶対表彰される!」という思いで取り組んでいました。意識していたことは「お客様がどんなことを実現したいか」を一緒に考え、その手段としての提案をすること。目的と目標を明確にし、現時点で何が足りないのか、何が必要なのかを丁寧に説明するようにしていました。この積み重ねで、お客様から自分を指名していただけるようになりました。大塚商会からではなく、「あなたから買いたい」と言っていただけたときは、とてもうれしかったですね。

今の私

結果的に、最短昇格はできたんですけど、表彰台には上がれず、悔しい思いをしました。 今後の目標は、会社や関わる人たちの人生を、良い方向に変えるきっかけを作れる人になることです。そのために、先入観にとらわれず、自分で価値を生み出すことを意識しています。時代の変化に対応していく仕事をしている面白さを、後輩たちに背中で伝えていきたいんです。自分が表彰台に立つのはもちろん、チーム全員で立つことができたら最高ですね。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版