キャリアステップストーリー

M・K
営業(LA営業)
2008年度入社 係長
M・K

あの頃の私

入社~
入社後は、大手企業をお客様としてコンピューター・ネットワークシステム、ライセンスなどを提案する、LA部門に配属となりました。最初は自分のお客様を作るべく、大塚商会がまだお取引をさせていただいていない企業へひたすら電話をかけ、アポイントを取ることに全力を注ぎました。運良く2日目に初めてのアポイントを取ることができ、先輩と一緒にお客様先へ伺いましたが、そのお客様から発注をいただけるようになるのはずっと先の話。お会いする時間を取っていただくのも最初のうちは本当に難しく、1~2年目の営業活動では成果を出せずにいました。
3~4年目
「営業ならとにかく外に出るように」と先輩からアドバイスを受け、足しげくお客様先に通うも、なかなか受注に至らない日々が続いていました。どうにかお客様から信頼を得られないものかと思い、さまざまなメーカーの商品について仕様比較ができる表を作ったり、お客様の役に立つ仕事を率先して行ったりしていると、少しずつお客様が自分のことを認めてくれるようになりました。
入社して3年目のある時、現在も未だその数字を超えられないほどの大規模な受注をいただいたときは、やっと一人前になれたと思えましたね。今でも忘れられない出来事です。
5年目~
主任、係長と順調に昇格しましたが、どうしても目標が達成できない時期がありました。そこで、これまでの自分の仕事の進め方を見直し、思い切って仕事方法を改善することにしました。お客様の年間購買計画がどのようになっているのかを具体的に把握し、計画に合わせた提案を行うことにしたのです。それにより、お客様の条件に沿った形で長期的な提案ができるようになりました。壁に当たったことで悩んだ時期もありましたが、この経験がなければ、今の私もいなかったと思います。

今の私

引き続き、こまめなコミュニケーションや相手への配慮・心配りを大切にしながら、お客様と厚い信頼関係を築けるように意識して活動しています。お客様は自分よりも社会人歴が長い方が多いのですが、年齢を重ねる毎に仕事に自信もつき、お客様と対等に向き合えるようになりました。新人の頃から通っているお客様に「お互い年をとったね」と声をかけていただき、昔を振り返ることもよくあります。
今後は、私が大切にしている「お客様への配慮・心配り」を後輩たちに引き継いでいき、チーム全体で成長していきたいと思います。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版