キャリアステップストーリー

I・T
営業(システム営業)
2013年度入社 主任
I・T

あの頃の私

入社~3年目
入社1年目は、ハード機器をメイン商品として自分の地域を担当するエリア営業として活動していました。担当地域が実家の近くだったということもあり、幸いにもお客様と地元の話で盛り上がることができました。お客様と距離を縮めるのは容易なことではありませんが、まずは私自身を信頼していただくために、1回の出会いで自分の印象をどれだけ残せるかを常に考えて行動していたんです。また同じ部署の先輩たちに少しでも追いつくためには、経験を積む必要があると考え、ひたすらお客様先を訪問する毎日でした。
2年目にシステム営業に転属しました。システムの提案をする時は、これまで以上に時間をかけてお客様とお話ししないと、ニーズを読みきれないことがあります。お客様が本当に求めていることを正確に汲み取れるように、先輩に相談してアドバイスをもらったり、勉強会に参加するなど、自身のスキルを磨くことに努めました。また「この会社の代表はこういう方だから、アプローチはこうしてみよう」など、事前に計画を立ててから伺うようになったのも、この頃でした。
4年目~
入社4年目には、主任に昇格しました。主任とは「主に任される人」だと考え、自分の営業目標を達成するのはもちろんですが、チーム全体としてどう動くべきかということも考えるようになりました。現在私が就労している支店のメンバーは13名。それぞれメインで取り扱っている商品が異なるので、それぞれの専門分野の知識を教え合うことも多く、お互いの存在が良い励みになっています。それまでたくさんの方に支えられて実績を残すことができたので、次は私が周りをサポートして引っ張っていける存在になるという思いで、日々活動しています。

今の私

これまで信頼関係を築いてきたお客様とのお付き合いはもちろんのこと、自分のテリトリーのお客様への新規開拓も行っています。他部署の営業からお客様を紹介してもらうこともあるので、急な訪問の相談があってもすぐに時間を作れるよう、スケジュールの管理は特に徹底しています。同じ営業部の仲間と協力し合って、誰かが受注をいただいたときには、チーム全員で喜びを分かち合います。皆のモチベーションを高めることも、主任としての大事な仕事だと思っています。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版