キャリアステップストーリー

S・T
CAD営業
2008年度入社 係長
S・T

あの頃の私

入社~2年目
配属後はエリア営業として約1年半、担当エリアのお客様にハード機器や「たのめーる」の提案をしていました。当時は新人賞を目指していたので、どうすれば新人賞を獲得できるのかを考えながら、試行錯誤していました。2年目に部署を異動し、CAD営業を担当することになりましたが、異動後は「とにかく目立ってお客様に自分の存在をアピールしたい」と思い、時間を見つけてはお客様先に足を運んでいました。また、お客様の業界や仕事内容を深く理解するためにお客様への質問も積極的に行うようにしていました。
3~4年目
4年目に主任となり、数字に対する責任感をひしひしと感じるようになりました。成果を求められる立場としてどう立ち振る舞うべきか、尊敬している先輩方に積極的にアドバイスを求め、自分なりの考え方や行動パターンを築き上げることに注力しました。ある先輩から「まずは自分で何が必要かを考えてから行動することが大事」とアドバイスをいただき、すぐに誰かに答えを求めるのではなく、自分の頭で考えて行動に移す習慣が身につきました。
5年目~
主任になってから約3年後に、係長に昇格しました。そのタイミングで自分がチームをまとめる立場となり、チーム運営や後輩の指導も重要な仕事となりました。プレッシャーを感じる瞬間もありますが、「今日よりも明日、明日よりも明後日の自分はより成長している」と考えることで、プレッシャーをモチベーションに変えながら、日々自分の成長を楽しんでいます。

今の私

大手企業向けにCADソフトウェアや3Dプリンターを中心に、ITインフラ構築の提案を中心とした営業活動をしています。大手層のお客様も中小企業のお客様も、規模は違いますが営業としての本質は変わらないと実感しており、常に、初心を忘れずに、「まずはお客様の目線に立ち、決して自分の一人よがりにならない提案」を心がけています。また、個人だけではなく所属している販売課の先輩方や後輩達と切磋琢磨し合い、チームとしての達成感・成長を噛みしめられるようになったのも大塚商会ならではだと思います。将来は販売課のマネージャー(管理職)として、自分の課員(仲間)と達成感を味わいながら成長していきたいです。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版