キャリアステップストーリー

K・Y
エリア営業
2014年度入社
K・Y

あの頃の私

1年目
1年目は「たのめーる」を切り口に、自分の担当テリトリーを持って、新規開拓中心に活動していました。配属されてすぐは先輩との営業同行を通して、提案方法やコミュニケーションの取り方を学びながら、自分の営業スタイルを見つける試行錯誤の毎日を過ごしていました。自分自身を知っていただくため、お客様先に足繁く訪問するようにしていたら、少しずつお客様からの相談が増え始めました。そこから、複合機やセキュリティの提案など、できることを増やしていきました。新人賞に入れたときは嬉しかったですね。
2~3年目
1年目はお客様に「お困りごとはないですか?」と聞くしかできなかったのが、2~3年目には、こちらから「こんな業務効率化をしていきませんか」という提案ができるようになりました。お客様のメリットを意識した効果的な情報提供や、複合的な提案ができるようになり、「あなただから」と契約してくださるお客様も増えてきました。おかげで、2年目も3年目も優秀賞に入ることができました。
4年目
4年目はチーフとして、自分の目標達成はもちろんのこと、後輩育成にも力を入れるようになりました。後輩にこまめに声をかけ、常に話しかけやすい環境を作っておくことで、チームの風通しを良くすることを心がけていました。営業として「お客様のために」の気持ちは変わりませんが、チーフとして後輩たちがやりがいを持って働ける環境を作りたいと思っています。後輩が初めて契約を結べたときの握手は忘れられませんね。

今の私

5年目は、支店の中でも比較的規模の大きなお客様を中心に担当するようになり、今までのやり方を大きく変える必要に迫られました。これまでの経験だけでは通用しない新しい環境で、新鮮な気持ちで勉強させてもらっています。学生時代からスポーツをやってきたからか、「やるからにはとことん上を目指したい」という想いがあって、引き続き結果にはこだわり続けたいと考えています。さらに、後輩も増え責任あるポジションになったので、良い意味でプレッシャーを感じながら、お客様や仲間からの期待に応えていきたいです。

先輩のキャリアアップストーリー

スマートフォン版
PC版