代表取締役社長 大塚裕司

代表取締役社長 大塚 裕司 おおつか ゆうじ

お客様満足度を高めると共に、自らの市場価値を高められる社員に。 代表取締役社長 大塚 裕司

お客様満足度を高めると共に、
自らの市場価値を高められる社員に。

お客様は、大塚商会にITパートナーであることを期待しています。それに応えるため、私たちは事業をたゆまず進化させ「ITでオフィスを元気にする」というミッションのもと、100万社以上という膨大で多様な企業とお取引いただいております。

私たちのビジネス領域は実に広範囲にわたっています。コピーやコンピューター機器の提供はもとより、最近ではシステム構築を中心としたソリューションに加え、ASP的なITサービス、業務のアウトソーシングなども増えています。それによって、お客様の経営の効率化や本業の強化、インターネットを用いた新事業への展開などを強力にサポートしているのです。さらに、ハード&ソフト保守、テレフォンサポート、教育などにより、システム導入後もトータルにサポートしています。また、Webサイトおよびカタログによるオフィスサプライ通信販売事業「たのめーる」により、オフィスにおけるサプライ供給も行っています。このように、ITを軸にお客様のニーズに一つ一つ高いレベルで応えていこうとすれば、私たちが挑戦すべき新ビジネスの輪郭が見えてくるのです。

私たちの起点は常に「顧客重視」。これは創業以来一貫している姿勢であり、社員数8,732名で7,598億円(連結)を超える売上高へと成長しました。このビジネスの基本姿勢を堅持するため、大塚商会の社内憲章といえる「ミッションステートメント」を制定しています。これは私たちの使命、目標、行動指針を明確化したものです。それは同時に、社員にとってはどのように頑張れば認められ、どのような成果が評価されるのかを明瞭にするものです。すなわち、目標を定めて成長する社員を抜擢し、大きく成長させられる風土がいっそう整ったということです。

これから入社される方々には、何事も貪欲に吸収しつづけ、自らの市場価値を高めていっていただきたい。大塚商会には社員の成長意欲をサポートする仕事、環境、制度が十分に整っていると自負しています。やがて、知識や技術、経験が身につくことによって、それを運用しながら仕事がこなせるようになります。つまりベテランの境地ですね。しかし、大塚商会の社員には、そこで止まらないでほしいのです。常に現状に満足せず、飽くなき吸収意欲を持ちつづける、そんな方々に社員になってほしいと考えています。