スマートフォン版
PC版
仕事を知る

SE(システムエンジニア)

仕事を知る

システムのスペシャリストとして全体を動かしていく
大塚商会のSE(システムエンジニア)の仕事について紹介します。

SEの業務内容は会社によって千差万別。
大塚商会ではお客様との直接的なコミュニケーションを大切にしています。
大塚商会のSEは専門分野に応じて、主に3つのエキスパートに分類されます。

アプリケーションエンジニア
お客様の目的や課題に応じたアプリケーションの導入にあたり、ヒアリングからシステム設計、ソフトウェアの開発やカスタマイズなど、全体をマネジメントする開発プロジェクトの責任者。
テクニカルエンジニア
セキュリティ強化を目的としたネットワークインフラの構築、ネットワーク機器の動作検証、セットアップ、複合機、PC、サーバーのメンテナンスまで、ハードウェア中心のスペシャリスト。
CADエンジニア
PCによる設計支援ツールである「CAD」に精通するエキスパートとして、そのシステムのコンサルティングから業務分析、システム設計、運用サポートまで幅広く対応。

システム構築の仕事は、システム企画・設計色の強い上流工程と、製造色の強い下流工程に分けられます。大塚商会では、ほとんどのプロジェクトがお客様からの直接依頼なので、計画の立ち上げからSEが主導的な役割を果たします。
お客様と直接お会いしてヒアリングした内容をもとに検討する要件定義、それに基づきシステムの仕様を決める基本設計や提案を行う上流工程が大塚商会のSEの職種領域です。詳細設計やプログラム開発、テストやデバッグなどの下流工程は、基本的に協力会社の協力を得て進めます。

プロジェクトの進行では、予算(適正なコスト)、工程(納期に間に合う進捗)、品質(要件を満たす性能)の3つが満たされているかどうかの管理が重要です。このマネジメントも大塚商会のSEの役割です。
IT業界では、SEのキャリアとしてPM(プロジェクトマネージャー)を設けている企業があります。大塚商会は中小規模の案件では、若手SEがプロジェクト全体を任されることも多く、システム構築の醍醐味が味わえ、成長の機会に恵まれています。
そのため、早くからPMに必要な要素を理解することができ、SEとしての成長につながります。