スマートフォン版
PC版
仕事を知る

営業

仕事を知る

総合窓口としてお客様と信頼関係を構築する
大塚商会の営業の仕事について紹介します。

大塚商会の営業は、担当地域を受け持ち、大塚商会が取り扱う全ての商品・サービスの総合窓口(フロントライン)となる「エリア営業」と「フロント営業」、特定の企業や商品を取り扱い、専門的な立場からお客様の問題を解決する「専任営業(特化型営業)」があります。

エリア営業・フロント営業

担当地域の総合窓口として、企業が抱えるさまざまな課題を解決する

エリア営業とフロント営業は、自分の担当地域を受け持ち、大塚商会が取り扱う商品・サービスの全てを提案する総合窓口(フロントライン)として、お客様の「困った」を解決しています。
メインで取り扱う商品によって、エリア営業とフロント営業に分かれます。既存のお客様はもちろん、新規開拓による新たなお客様との関係づくりを積極的に展開し、ワンストップソリューション(窓口1つ)で解決策を提供しています。

大塚商会のビジネスは、エリア営業やフロント営業がお客様を訪問し、会話するところから始まります。その会話の中でお客様の「困った」をお聞きし、幅広い商品ラインアップの中から最適な提案を行うのですが、お客様のニーズによっては、大型案件やシステム開発を必要とする難易度の高い案件もあります。その場合は単独で提案をするのではなく、専門知識を持つ専任営業やSEと協働してコンサルティングを行い、システム開発の提案をすることもあります。

担当地域の総合窓口として、企業が抱えるさまざまな課題を解決しています

専任営業(特化型営業)

お客様の求める「今よりもいいビジネス環境」を実現する

専任営業は文字どおり専門分野に特化した営業です。例えば、お客様の企業規模(大手企業)や業種(官公庁・代理店)、取扱い商品(たのめーる)などに分かれます。
お客様は日ごろから「今よりもいいビジネス環境・効率的な業務」を求めていますが、その環境を具体的にどのように実現していいのかが分からないことも多くあります。そのようなお客様の情報がエリア営業やフロント営業から伝えられると、専任営業はお客様に対する詳細なヒアリングをもとに、今まで見えていなかった潜在的なニーズをお客様と共有し、ハードウェアやソフトウェアを組み合わせた総合的な提案を行います。

お客様の「真の困った」を解決するためには、経験を積んだり専門知識を身につけることはもちろん、お客様のビジネスに対する幅広い理解と知識が必要不可欠です。すべての企業は独自の個性、スタイル、目標などを持っているので、既存のソフトウェアや各種システムをそのまま当てはめて使うのではなく、お客様の要望に応じた最適なシステムになるように、時にはSEとも連携してビジネスを進めていきます。

お客様の求める「今よりもいいビジネス環境」を実現する