スマートフォン版
PC版
会社を知る
会社を知る

大塚商会の歴史

常に時流をいち早く捉え、OAの専門商社からソリューションプロバイダーへと
成長してきた大塚商会の歩みを紹介します。

“複写機の大塚商会”の誕生

東京・秋葉原の一角で上げた産声

60年代-1

大塚商会は、複写機と感光紙を取り扱う販売会社として、1961年7月17日、東京・秋葉原の一角で産声を上げた。創業者の大塚実(現:相談役名誉会長)は、お客様に対する責任を明確にするため、あえて社名に自分の名字である大塚を入れた。当初は大塚実ひとりだったが、同年の8月初旬に社員一号が入社。後の社訓の礎となる「経営者と社員が信頼感をもって結ばれ、家族も含めて本音で付き合える会社にしたい」を実現するための第一歩を踏み出した。

創業当初のビジネス戦略は、次の3つに集約される。「1.中小企業をメインターゲットにする。」当時の複写機業界大手は大手企業をターゲットにしていたのに対し、大塚商会は中小企業を顧客に据えることで、独自市場を開拓。「2.面で攻める。」地域の購買者密度が高い新聞配達の方法を参考に、一定の地域をくまなく回る「新聞作戦」を展開。地域の顧客密度を高くすることで、単価の安い感光紙でも1冊から配達できる体制をつくった。「3.ベースを増やす。」単価が高い複写機は頻繁に買い換えるものではないため、感光紙などの消耗品(ベース)を継続して販売することで、安定した収入源を確保。この中小企業を対象とし、地域内での顧客密度を高め、消耗品の売り上げを重視するという大塚商法の真髄は、今も引き継いでいる。

60年代-1