スマートフォン版
PC版
人と教育を知る
人と教育を知る

内定者紹介

大塚商会に入社予定の内定者を紹介します。
就職活動の参考にしてください。

  • 木屋 智就さん 営業職内定
  • 瀧澤 絵里香さん 営業職内定
  • 大島 拓也さん 営業職内定
  • 馬場 かなえさん SE職内定
  • 秋山 義希さん SE職内定
  • 平賀 萌さん スタッフ職内定
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん
  • 木屋 智就さん

さんKiya Tomonari

経営学部 内定職種/営業

もどる もどる もどる
  • Q.就職活動時、企業選びで重視していたことは?

    人の喜ぶ顔を見ることが昔から好きだったので、「目に見えるカタチで人に対して貢献できる仕事」というキーワードを軸に企業選びをしていました。自分の仕事が、直接お客様の生活環境や職場環境の向上につながるような職業に就きたく、専門商社や不動産を中心に説明会へ参加しました。大塚商会が第一志望になったのは、説明会の営業体験ワークを通して、具体的な仕事のイメージを掴むことができ、ITでお客様の職場環境の向上に貢献できる点が自分のやりたい仕事に近いと感じたことがきっかけです。

  • Q.エントリーした企業数は?

    エントリーは40~50社です。そこから選考へ進んだのが約20社、内定が出たのは3社でした。第一志望だった大塚商会から内定をいただいたタイミングで、就職活動を終了しました。

  • Q.大塚商会に魅力を感じた瞬間は?

    実際に選考に参加するまでは、CMで社名を聞いたことがあるくらいで、大企業というイメ-ジしかありませんでした。実際、内定者が300名もいる会社ではありますが、研修担当の方が一人一人に目を配り、しっかりとサポートしてくださったことが印象的で、とても心強いと感じています。また、面談の際に、リクルーターの方に手書きのメッセージをもらったことがとても嬉しくて、今でも手帳に入れて持ち歩いています。

  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん
  • 瀧澤 絵里香さん

さんTakizawa Erika

教育学部 内定職種/営業

もどる もどる もどる
  • Q.大塚商会を志望した理由は?

    営業職という軸で、業界を絞らず様々な企業を見ていました。大塚商会を知ったのは、就職サイト主催の合同説明会に参加したことがきっかけです。ブースに大勢の人が集まっていたので、興味本位で覗きに行ったのですが、そこで会社説明をしてくれた採用担当の女性の方が生き生きとしていてかっこよく、もっと詳しく話を聞きたいと思ったことが大塚商会を知るきっかけとなりました。説明会で、「正直者がバカをみない会社」という理念にもとづいた公正な評価制度がある点、また、やりがいや魅力だけでなく厳しさについても正直に教えてくれた点に惹かれ、選考に進むことにしました。

  • Q.大塚商会に決めた理由は?

    内定後の懇親会で先輩社員と接する機会があり、具体的な仕事内容や評価制度について話を聞かせてもらいました。特に評価制度について、さらに詳しい話や実際のエピソードを伺い、まさに自分にとって理想の会社だと感じました。また、内定後に参加した「会社見学会」というイベントで、将来同期となる仲間たちと同じ時間を過ごす中で、気が合い、同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間が多く、この会社で一緒に頑張っていきたいと感じたことも、入社を決める重要な要素になりました。

  • Q.就職活動中でアピールしたことは?

    半年間のアメリカへの留学経験です。フロリダのテーマパークでのインターンシップに参加し、ホスピタリティについて学びました。インターンシップでは一人一人のゲストと向き合いながら「どれだけ相手の期待以上の感動を与えられるか」を意識していました。この経験から、文化が異なる国の相手に自分の意図を正確に伝える力が鍛えられ、表現力に自信がつきました。

  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん
  • 大島 拓也さん

さんOshima Takuya

法学部 内定職種/営業

もどる もどる もどる
  • Q.就職活動中、やっておいて良かったと思ったことは?

    「自分の強み・弱み」を良く知っておくことです。私の場合は、まずは自分の過去の経験や行動、その時の気持ちを振り返り、その後、親しい友人や先輩にも意見をもらいながら、ノートにまとめました。面接の時に必ずといって良いほど必要になる「自分の強み・弱み」をしっかり理解しておくことで、どんな質問にも自信を持って、嘘のない自分の言葉で答えることができました。また、企業選びをするときは、自分の強みである「努力し続ける力」を活かすことができれば、活躍できる会社かどうかを重視していました。

  • Q.内定が決まってからやり始めたことは?

    IT知識をつけるため、ビジネス雑誌等で業界研究をするようになりました。元々業界を絞らずに就職活動していたため、選考へ進んだ8社の中でIT業界の企業は大塚商会のみでした。最低限のIT知識は内定者研修でも学びましたが、入社後、少しでも早く戦力になれるようにと、自ら知識を習得しているところです。また、以前よりもニュースに関心を持つようになりました。こうして、徐々に学生から社会人へと意識をシフトさせていきたいと思います。

  • Q.就職活動中の気分転換は?

    幼いころからずっと野球をやっていたこともあり、野球観戦が趣味です。特にアマチュアが好きなのですが、高校野球などを観ていると、選手の努力や思いを感じ取ることができ、「自分も頑張ろう!」と心が奮い立ちます。就職活動中は球場へ行く時間がなかなか取れませんでしたが、TVで観戦して勇気をもらっていました。

  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん
  • 馬場 かなえさん

さんBaba Kanae

理工学部 内定職種/SE

もどる もどる もどる
  • Q.インターンシップの経験は?

    就職活動中は、特にインターンシップに力を入れていたので、3年生の夏には10社ほどの企業のインターンシップに参加しました。通学中にインターンシップ情報サイトをチェックすることを日課にしており、業界を絞らず様々な企業に応募していました。この時は、大塚商会については「たのめーる」のCMのイメージしか持っていませんでしたが、SEの中でも「CAD」という分野に絞ったインターンシップを行っていたことで興味を持ち、5日間のインターンシップに応募し、エントリーシートの選考に合格して、参加権を手にしました。

  • Q.大塚商会のインターンシップの感想は?

    私が参加した「SE体感インターンシップ~CAD編~」は、5日間のプログラムでした。「CAD」という単語は聞いたことがありましたが、実際に触れるのは初めて。専門分野に特化したインターンシップはとても新鮮でした。また、今まで1日完結型のインターンシップにしか参加したことがなかったため、連日社員の方と接する中で、社内の和気藹々とした雰囲気が伝わり、入社後のイメージが具体的に湧いたことで志望度が高まりました。

  • Q.後輩へのアドバイスをお願いします!

    就職活動をする上で、「自分を知る」ことの大切さを再確認しました。どんなに魅力的な企業でも、自分との相性が合わなければ、後々ギャップに苦しむことになってしまうと思うのです。また、企業の立場から考え、自分を採用することでどんなメリットがあるのか、自分の価値をアピールすることも重要です。学生時代にどんな経験をしたのか、それを仕事でどう活かしていくのか、振り返る時間をぜひ作ってみて欲しいです。

  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん
  • 秋山 義希さん

さんAkiyama Yoshiki

工学部 内定職種/SE

もどる もどる もどる
  • Q.大塚商会を知ったきっかけは?

    IT業界に絞り、就職活動の支援サイトを見て「自己成長」をキーワードに企業選びをしていたときに「あなたにオススメの会社」として大塚商会が出てきたことがきっかけでした。社名しか知らない状態で説明会へ参加しましたが、課題に対する解決策をSEならではの視点で考えるグループワークが面白く、夢中になって取り組みました。そのとき、答えのひとつとして紹介された大塚商会の解決事例が自分の考えた解決策とほぼ一致していたことで、会社とのマッチングを感じました。

  • Q.選考中の印象は?

    選考ごとの結果が出るまでの期間が短く、入社意思が固まったままブレることなく選考を進めることができたのが良かったです。また、面接中は面接官の方が終始和やかな雰囲気を作ってくださり、緊張が解けたことで、より自分らしさを出すことができたと思います。

  • Q.エントリー以外で一番最初に行った就職活動は?

    最初からSEを志望していたので、筆記試験対策に力を入れました。SEの選考では筆記試験の結果が非常に重視されると聞いていたので、問題集を購入し、繰り返し勉強しました。

  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん
  • 平賀 萌さん

さんHiraga Moe

経営学部 内定職種/スタッフ

もどる もどる もどる
  • Q.就職活動での反省点は?

    初めのうちは自分が何をしたいのかわからず、将来のビジョンもぼんやりしていたため、就職活動に対して前向きになれず、動き出しが遅くなってしまったことです。 その結果、エントリーシートで落とされてしまうことも多々ありました。業務の内容よりも、「自分で考え、行動できる環境で働きたい」という就職活動の軸が決まり、気持ちが入った5月頃からは順調に進んだのですが、前半は苦しい状況が続きました。この経験から、就職活動に挑む前に、「自分が将来どんな社会人になりたいか」をしっかり考えておくことをオススメします。

  • Q.面接対策としてやっていたことは?

    とにかく人に見てもらって練習しました。就職活動が本格的に始まるまでは、面接の練習を人に見られることがなんとなく恥ずかしいという気持ちが先行し、また、「本番では上手く話せる」と自信があったのですが、一番最初に受けた企業の面接で、考えや想いを伝える事がまったくできず、悔しい思いをし、そこからはキャリアセンターの方や先輩に指導をお願いするようになりました。面接指導をしてもらった結果、徐々に慣れてきてリラックスした状態で面接を受けられるようになり、面接官の方に笑顔を誉めてもらえたときはとても嬉しかったです。

  • Q.内定を一番に報告した人は?

    両親です。「よかったね」と私以上に一緒に喜んでくれて、頑張って良かったと心から思いました。家族は就職活動について干渉せず、「好きな場所で好きなことをやりなさい」という姿勢で、私の意見を尊重し、やりたいことが見つかるまで急かさずにいてくれて、それが私にとって一番の支えとなりました。